NIGOの手掛けるライフスタイルブランド「HUMAN MADE」を運営するオツモ株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役CEO兼クリエイティブディレクター:NIGO、代表取締役社長COO:松沼礼)は、2023年1月19日付けで、岡本紫苑氏とデーヴィッド・マークス氏を社外取締役に選任したことをお知らせします。両氏の参画を機に経営基盤を強化するとともに、さらなるグローバル展開を見据えた経営体制を構築していきます。

 

■岡本紫苑(おかもと しおん)氏 プロフィール

 

2007年慶応義塾大学法学部卒業。2013年Harvard Law School (LL.M.)修了。2008年9月より森・濱田松本法律事務所にてM&A・企業再編及び会社法務を中心に、国内外の案件に従事。2016年8月よりヤフー株式会社に入社、同社子会社であるYJキャピタル株式会社(現・Z Venture Capital株式会社)に出向し、国内外のスタートアップへの新規投資・モニタリング・ファンド管理業務等に従事。2021年8月に同社CFO兼General Counsel就任。2022年4月よりZホールディングス株式会社財務統括部に出向。2022年5月に株式会社イオンファンタジー社外監査役就任。2022年9月に株式会社WAKUWAKU社外監査役就任。日本及びニューヨーク州弁護士。

 

<コメント>

「AIをはじめとするテクノロジーが目覚ましい速度で進化する今日の社会においては、人間ならではの創造性とアイディアの重要性がますます高まっています。日本の伝統とストリートカルチャーを融合させた革新的なものづくりを実現するオツモは、まさにこれからの世界に求められる新たな価値を創出することのできる企業だと感じています。オツモにおいて、世界に誇れる日本発のグローバルブランドの更なる飛躍の一翼を担えることを大変嬉しく思います。これまでの弁護士経験・VC経験を活かしてオツモの成長に貢献できるよう、微力ながら精進して参ります。」

 

■デーヴィッド・マークス(W. DAVID MARX)氏 プロフィール

 

2001年ハーバード大学東洋学部卒業。2006年に慶應義塾大学大学院で博士号を取得。1998年に初めて東京に在住し、講談社でのインターン時に当時隆盛していた裏原ブランドを知ったことを機に日本の服飾文化に興味を持つ。2015年にはアメリカントラディショナルのスタイルを通して、日本の服飾文化を分析した「AMETORA」をアメリカで出版、日本、台湾、中国、韓国でもロングセラー。2022年に総合流行論の「STATUS AND CULTURE」をVIKING BOOKSで出版し、ニューヨーク・タイムズなどで評価された。フリーランスで、アパレルのグローバルブランドとの業務経験も多数。現グローバルIT企業、アジア太平洋地域の広報シニア・ディレクター。

 

<コメント>

「1990年代後半、東京のストリートで NIGO氏のブランドに出会ったことが私の人生を変え、消費者行動や文化的動向の秘密を解き明かすというライフワークに向かわせてくれました。オツモのメンバーとともに、拡大を続ける同社のグローバルビジネスに貢献できることを大変光栄に思います。

 

■代表取締役社長COO 松沼礼のコメント

 

「『ストリートから、地球生活を面白く。』という当社のビジョンを実現すべく、この度グローバルでの知見と経験が豊富なお二人に社外取締役としてご参画いただけることを大変嬉しく思います。岡本さんの国内外におけるM&Aや企業再編、法務にまで及ぶ幅広いご知見は、オツモのグローバル企業としての盤石な基盤づくりと継続的な成長につながると確信しています。デーヴィッドさんのアメリカや日本をはじめとした、ファッション、カルチャー全般に対しての深い洞察と造詣、更には当社らしいESG経営を推進する上での豊かな感性は、必ずやオツモの一つの大きな羅針盤となることでしょう。

この参画を機に、社員一同一丸となって、ビジョンの実現を目指して邁進してまいります。」

 

 

■オツモ株式会社について

 

オツモ株式会社は「ストリートから、地球生活を面白く。」というビジョンのもと、あらゆる人のライフスタイルを革新するプロダクトやサービスを世界中のお客様へ提供しています。その一環として、デザイナーNIGOによる、“The Future Is In The Past(過去と未来の融合)”をコンセプトにしたライフスタイルブランドのHUMAN MADEや、東京発、オリジナルスパイスを用いた無添加カレーを提供するCURRY UPを運営しているほか、異業種企業のブランディング支援などのプロデュース業務も行っています。

https://www.otsumo.com/ja/index.html